Q&A of 中小企業中国進出事業


中小企業向け、個人向け、タオバオ出品代行,中国ビジネス,低リスク店舗出店,中国進出,輸出入。


印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




有限会社PPゲイン
中小企業中国進出事業部       
025-374-6785

Q&A

Q.何でも輸出販売できますか?
A.輸入許可が下りないものや、食品はお断りしております。
 輸出に関する中国の制度などは、JETROにてご確認下さい。
 また、個別にお調べすることも可能です。 
 気軽にお問合せ下さい。

Q.商品がコピーされそうで心配です。
A.そうですね、このあたりのコピー対策は、中国では無理だと考えています。
 ただ、中国人もバカではありませんので、(笑)
 ある程度、中国製か日本から持ち込んだかは、判別出来ると考えています。
 当社が考えているコピー対策は、
 日本から持ち込んだ商品だけを、扱う日本商店街を作ることで、
 ここにくれば、本物の日本製品が手に入ると、中国人にイメージ付けすることです。
 逆に中国人店舗で、実は本物を扱っていても、偽物だと思わせる事ができます。

Q.得意とする業種はどの様な業種でしょうか
A.輸出入に関しましては、建材や設備品、家具。飲食物以外は取り扱い実績あります。
 当社が扱っている製品です。LinkIconp-style
 中国国内での販売は、ご自身の目で確かめて、決めて頂きたいと考えています。

Q.アパレル関連商品は、ほとんど中国製ですが、輸出販売する意味がありますか?
A.日本のタグが付いてるだけで、付加価値が付いています。(逆輸入製品)
 なぜなら、ほとんどの中国工場で、日本人は細かい(うるさい)といわれます。
 逆を返せば、それだけ日本製品の品質は確かだと、中国国民は認識しています。
 どのような商品が中国で販売されているか、視察していただけるとわかると思います。



order_bm7.gif

CIMG4787.JPG

Plain_ble_Right.gifNEWS
LinkIcon中国市場
LinkIconネット販売の実情
LinkIcon小リスク店舗
LinkIconなぜ?ハルビン
LinkIcon日本の為に出来ることは?

会社概要

有限会社PPゲイン
「中小企業中国進出事業部」
代表 小林義達

2006年
より中国取引開始・上海・大連・広州・香港・哈尔滨(ハルビン)など、
各地工場視察を繰り返し、無数の失敗を経験をし、
中国製品を輸入販売開始する。
2008年に衣料品店開店・飲食店開店・喫茶店運営・
支援など幅広い分野の人脈を構築。
数年前より、輸入販売以外に、
中国への輸出販売や中国進出などの問い合わせが多くなり、
2010年「中小企業中国進出事業部」スタート
ハルビン、上海、大連を拠点に活動中。