Why?Harbin of 中小企業中国進出事業


中小企業向け、個人向け、タオバオ出品代行,中国ビジネス,低リスク店舗出店,中国進出,輸出入。


印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |




有限会社PPゲイン
中小企業中国進出事業部       
025-374-6785


 中国進出といえば、上海・大連など港町が多いです。
港が近いので、輸出品の引き抜きなど、取り扱いしやすいメリットがあります。
また、大手日系企業の滞在者も多い為、(上海に長期滞在の日本人約5万人)
顧客ターゲットを、日本人向けのサービス店や飲食店が多いのも特徴です。

しかし上海は、日系企業以外にも世界各国からチャイナマネーを求めて競争は激化しており、
賃貸物件の相場は銀座なみに必要で、中小企業が投資するには、リスクが大きすぎます。
上海の一等地では1ヶ月の賃料100万円/30㎡は当たり前で、ほとんどが1年分の賃料を先払契約です。
人件費も上昇し続けており、今後も利益が圧迫されると感じています。

当社が推奨するハルビン市は、中国北部に位置する約1000万人都市で、
昭和54年に新潟市と友好都市提携を している為、新潟から飛行機で2時間と行き来しやすく、当社人脈も豊富です。

ここ数年で、めまぐるしい発展途上を目の当たりにしていますが、
現在も発展途上中であり、まだまだチャンスはあると感じています。
人件費に関しましても上昇しておりますが、まだ月2.5万~4万円です。

そこで、「低リスクアンテナショップ」を開店し、顧客反応を見てから、現地法人を設立し大型店舗を開店するか、
上海や大連に進出することをお勧め致します。
経済状況も、外資の競争相手は少数。初期投資も少なく、商品の市場調査や顧客要望をフィードバックするには最適です。

 現在ハルビンには無い、日本商品やサービスは多数あり、自社のデットストックを販売することも可能です。
また、冬は長く、夏は短い為、日本との気候の違いを利用することも可能です。

余談ですが、現在の円高で、今後価値が上がる中国人民元を獲得する為替メリットもございます。

order_bm7.gif

夏は避暑地として

P1010911.JPG
ハルビン市は黒竜江省に位置し、黒竜江省人民政府の所在地であり、黒竜江省の政治・経済の中心である。市人口は約1000万人の大都市である。
また、歴史的建造物も多く、国内外からも多くの観光客が来る。

冬は-30℃になることも

Harbin_montage.png
ハルビン氷祭り:1985年より毎年1月5日に開かれている氷による彫刻物の展示会である。

Plain_ble_Right.gifNEWS
LinkIcon中国市場
LinkIconネット販売の実情
LinkIcon小リスク店舗
LinkIconなぜ?ハルビン
LinkIcon日本の為に出来ることは?

会社概要

有限会社PPゲイン
「中小企業中国進出事業部」
代表 小林義達

2006年
より中国取引開始・上海・大連・広州・香港・哈尔滨(ハルビン)など、
各地工場視察を繰り返し、無数の失敗を経験をし、
中国製品を輸入販売開始する。
2008年に衣料品店開店・飲食店開店・喫茶店運営・
支援など幅広い分野の人脈を構築。
数年前より、輸入販売以外に、
中国への輸出販売や中国進出などの問い合わせが多くなり、
2010年「中小企業中国進出事業部」スタート
ハルビン、上海、大連を拠点に活動中。